HSBCシンガポールのデビットカード有効化

こんにちは。TOMOです。

今年7月にシンガポール旅行に行き、HSBCシンガポールのアカウントを開設しました。

その時の記事がこちら;

複数通貨を扱えるようにするためのマルチカレンシー口座は
結局マレーシアとシンガポール両方で開設し、
マレーシアの方は窓口で完了していました。

一方でHSBCシンガポールの方は、通常の口座をゼロから作ったため
 ・デビットカードの有効化
 ・オンラインバンキングのログイン有効化
の二つを、書類が郵送された後にする必要がありました。

シンガポールに行ったのが7月下旬。
マレーシアを離れたのが8月上旬。
手続きに必要な全ての書類が郵送され終わったのがその数日後。

ということもあり、間が空いてやる気が無くなっていたので
すっかり9月の上旬にはマレーシアに戻ってきていたにも関わらず
この手続きを2週間ほど放置していました。

ずっとやらなきゃいけないとは思いつつも、手順書を見ると
 ・電話も必要
 ・英語メインでところどころ中国語で書かれている
という普通の日本人にはハードルが高く、
難しい宿題を後回しにする小学生のように見て見ぬふりをしていました。

友人Nも同じ。

とはいえ……ずっと放置するわけにはいかない!
ということで、お互い時間を合わせて始めてみました。

流れがこんな感じです。

========
1.HSBCシンガポールの電話番号に電話する
2.音声案内の指示に従うと、デビットカードが有効化される
3.有効化されたデビットカードと、郵送された6桁のパスワードでログイン
4.ユーザーネームやパスワード等を設定
5.セキュリティデバイスで初期パスワードを設定/デバイスの有効化
HSBCsecuritydevice1.JPG
6.4で設定したパスワードで再ログイン
7.5で使用可能になったデバイスによるセキュリティコードを入力
========

PDFで手順書は送られてきており、
PDFの文字はコピペできるようになっていたので
Google翻訳を使いながら進めていきました。

まず始めは、1.HSBCシンガポールの電話番号に電話。
国際電話なので+65をつけて……
スマホ「英語~~プリーズリコール(聞き取れた)~~マレー語~~中国語~~」
圧倒的絶望。。

何度かかけたものの、繋がらず。

Googleで調べて以下のページを参考に国際電話の「+65」ではなく
「02」をつけて電話をしたら繋がりました。

※本来は+65のやり方でも繋がるようになっており
 回線が混雑していた等の理由で繋がらなかっただけと思われます


そしてところどころ単語が聞き取れる綺麗な英語が流れ、
手順書の通り「1」を2回押し、デビットカードの番号を押し、
SMSが届いたらそこに記載されている番号を入力し……
SMSが届かない!!!!

気を取り直してもう一度。

手順書の通り「1」を2回押し、デビットカードの番号を押し、
SMSが届いたらそこに記載されている番号を入力し……
番号を認識してくれない!!!!

気を取り直してもう一度。

手順書の通り「1」を2回押し、デビットカードの番号を押し、
SMSが届いたらそこに記載されている番号を入力し……
SMSが届かない!!!!

気を取り直してもう一度。

手順書の通り「1」を2回押し、デビットカードの番号を押し、
SMSが届いたらそこに記載されている番号を入力し……
最後に「1」のボタンを押したら完了……
完了しない!!!!

気を取り直してもう一度。

手順書の通り「1」を2回押し、デビットカードの番号を押し、
SMSが届いたらそこに記載されている番号を入力し……
最後に「1」のボタンを押したら完了……
完了した!!!!


本当はもっと間にミスを繰り返しています。
が、なんとか無事できました。

友人Nと交互に試してみて、うまくできなかったのは
入力するタイミングが良くなかったからでした。

日本語の音声案内でも、最初の方に「音声の際中に入力しても大丈夫です」
と言われたのに、ある一部ではそうではなかったりして。
それで結構イライラすることがあります。

英語の音声案内なのでなおさらタイミングがつかめず
何度もやり直すことになりました。


この初期段階でつまずいて今日中に終わるのか?と不安になりましたが、
その後の流れは結構簡単で全部で1時間ちょっとの時間で作業は完了しました。


HSBCマレーシアのマルチカレンシー口座では日本円を扱っていないので
日本円を使うことがあればHSBCシンガポールを今後活用していくことになります。

そんな日が、果たしてくるだろうか。


この記事へのコメント