UTGKK。相手の4betに対しては勿論?

こんにちは。TOMOです。

今日(7/27)は珍しく午前中から夕方まで外にいましたが、
それでもSnowieトレーニングは欠かせません。

今日の様子はこちらをご覧ください。

26日の夜・27日の夜も400ハンドずつ進め、
合計3245ハンドとなりました。
400ハンドを4回と155ハンドを1回
あと5回で5000ハンドクリアになります。
キャプチャ.PNG


この800ハンドの結果がこちら。
キャプチャ1.PNG

「上級者」ではなく「プロ級」には安定してなるようになりました。
実は1回目がその上の「ワールドクラス」だったものの、2回目が足を引っ張り
合計すると「プロ級」となっています。

ミス率8%の壁がなかなか安定しませんが、辛抱強く続けます。


さて、本題です。
タイトル通りの問題なので、まずは実際の問題から。


-----
◆実際のハンド◆
100/200
ES 20,872(UTGのスタック)

UTG僕 KK r450
ボタン rr1,650
BB rrr5,500
UTG僕 rrrrAI20,872 ←問題がココ
ボタンd
BB c

BB AAショウ

KK<AA
で全スタック吹っ飛び!
キャプチャ5.JPG
-----

最強ハンドAA以外には現状も勝っていて
勝率もAA以外にはフェイバリット(vsA5sでも66%)のハンドKK。

一時期、「フルハウスを降りれますか?」のキャッチフレーズで
AQフルハウスをスナップで降りてショウ→相手が苦笑いしながらAAフルハウスをショウ
という動画が物議をかもしましたが、これに匹敵する難しいシチュな気がします。

※そのハンドはこちら参照


「KKはどんなシチュでも降りれないって聞いたことあるぞ」
「でも”降りれない”であって"降りない"ではないな」
「なら"降りることもある"として、今回はそうなのか?」
「そうかもしれない。でもじゃーどの程度の頻度で降りるの?」
みたいなことを考えた後、
「あとで調べれば良いや。AIも正解の一つでしょ」
の気持ちでAIをした、という流れです。

Snowie先生の見解がこちら↓
EAaY0kaUYAAKhUc.jpeg

100%フォールド!

マジで言ってんのこいつ?
と思って全然納得できず、
このハンドだけで昨日今日で7~8時間くらい時間を使っています。
(この記事にまとめるのも含めると10時間弱になる見込みです)

問題としては、

ボタンの1ポットでの3ベットレンジ:
頻度は違えど
A2s+
AKo
QQ+
54s~87s

BBの1ポットでの4ベットレンジ:
ATs+
AKo
KK+
(QQがフォールド)

これでKK負けてんの??
と言い換えられます。
「AIはKK+にしかコールされないから×」ならまだ分かるものの、
「コールすらダメ」と言われているのが全く納得できませんでした。

凄く色々考えて、取り留めとなくtwitterに呟いた内容がこちら↓

この続きの思考になりますが、ここで改めてまとめます。

このハンド、ざっくり
・UTGのKKをコールで止める
・ボタンは降りる
と仮定して考えました。

ボードにAが出る場合:
 セット以外負け確信
 ※セットでもセットオーバーセットのリスクあり

ボードにAが出ない仮定の上
BBがAAの場合:
 勝率通りに全部ポットに入る
 →82%の確率で全部取られて、18%の確率でダブルアップ
  (+デッドマネーの1,750獲得)
BBがAKoかATsの場合:
 基本最後までショウダウン。
 お互いのナッツ級(トリップス+)完成時にバリュー取り合う
 ※KKハイポケでポジションあるものの、
  ミスプレイを誘われるリスクが高く
  実際に勝っている状況でバリューを取りに行きにくい。
  更に、相手がAJsでボードにJが2枚の時や
     相手がATsでボードにKQJが出た場合等で
     相手のコンボ数を考えるとKKで降りられないことも多い。

等と考えて重みづけしながらEVを足し合わせていくと、
確かにEVがマイナスになりそうでした。

※数値的な根拠ではなく、適当に書いたわけではないといった意味で
 計算過程をぼやかしたキャプチャを貼っておきます
キャプチャ4.JPG

ボタンは降りると仮定してもKKのコールが正当化されなさそうだったので、
「ボタンがオッズが合いそうだからAKsでコール」等の勝率的にはミスになるプレイをしても
 ・ボタンがAAであるリスク
 ・ボタンがコールしてボタンに有利な状況になるリスク
を加味すると更に難しいように思います。

勿論、vsBBに対してはポジションがあるので、
 ・Qハイ以下のボードでUTGのKKがポットの1/4ベット程度でもバリューが取れる
 ・Aハイボードだけど大きなベットでATs等をおろす
といったことも実際にはでき、EVの押し上げに貢献すると思います。

このあたりのリスクとリターンも加味していくと、
Snowie先生が算定した「KKのコールはEV-4.46BB($892)」
というのはとくにおかしなものではないというのが僕の感じた結論です。


ちなみに。
ここまで考えるとUTGはAA以外コール以上の選択肢がないにも関わらず、
UTGがコールの場合、ボタンはQQダウンな一方でKKではコール。
3.jpeg
4.jpeg

そしてUTGが5ベットした場合、BBはKKで一部レイズAIが混じります。
2.jpeg


このへんがSnowie先生の不思議なところであり、
「エクスプロイトされないプレイ」と言われつつも
「エクスプロイトされてるじゃねーか!」とツッコミができる部分です。

「今回は勝っていないのは分かっているけど、様々なハンドとシチュエーションを考えた時に
 トータルでエクスプロイトされないプレイの集合体である以上、ここはコール(レイズ)」
という究極的には1ハンドのEV最大化を目的としていない論理と理解しているので
最近は少しずつ納得しつつ、本当にすごいなという思いも抱きつつあります。


一方で、スラムダンクにこんな名言があります。
「オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本の時か? オレは………オレは今なんだよ!」

こ、この言葉を言ってやりたい!!


今、最高に楽しいテーブルで、最高にワクワクする大会で、
ハンドにKKが入っていて、ライトも入っている上手いプレイヤーが
4ベットまでしてくれている!

この状況で降りろ? バストするかもしれない?
俺は、今、この状況で、このハンドを、プレイし続けたいんだよ!!

なーんて熱い思いがこみ上げてもダウンしないといけないなんて
GTO的なプレイってやつはホント楽しくないですね。


この記事へのコメント