2018.12.12.マレーシアのVISAを取得

初めまして。TOMOと申します。
2018年12月12日、ポーカープレイヤー的にはQQ(クイーンが2枚のハンド)の演技の良い日にマレーシアに降り立ちました。

今回はそんな、僕がマレーシアに初めて降り立った日の出来事を記載します。

この日、マレーシア時間約6時半に空港に到着。
スーツケースの受け取りや税関の通過などを一通り行い、7時半には身動きの取れる状態になりました。

本来ならば、初マレーシアの更に初日ということで羽を伸ばしたいところではありましたが、僕にとっては結構忙しい一日です。

今回の移住が、業者経由でMM2HというVISAを取得することで成り立つものであり、
僕はこの時点ではまだ取得ができていない状態でした。

<余談>
MM2H取得の流れはザックリ、申請→仮承認→承認となります。
もう少し細かく書くと
1.申請に必要な書類(収入証明、犯罪経歴証明書など)を用意・・・申請者in日本
2.書類を当局に提出・・・業者inマレーシア
3.当局が書類を元に仮承認・・・当局inマレーシア
4.本承認に必要な書類(マレーシア内の口座開設書類やパスポートコピーなど)を用意・・・申請者in日本
5.書類を確認、口座開設手続き・・・業者・銀行inマレーシア
6.健康診断・口座開設後の銀行手続き・MM2H本申請・・・申請者・業者inマレーシア

そこで、本申請に必要な健康診断と銀行での手続きを行いました。

結果的なスケジュールが以下の流れ。

 6:30飛行機、マレーシアに到着
 7:15スーツケース等受け取り
 ~8:00空港内で朝食
 8:00タクシー乗車
 9:00業者と待ち合わせ
 10:00健康診断
 11:30昼食
 12:30銀行(HSBC銀行)
 14:00スマホのSIM契約
 15:00業者オフィス到着、MM2H(VISA)受け取り
 16:00解散、ホテルへ移動
 17:00ホテル到着。荷物を置いてショッピングモールへ移動。

健康診断が想像よりも何倍も楽で、10分待って5分で終わるものでした。
結果、業者の方と昼食を食べ、SIMの契約を手伝って貰うことまでできました。

当局へのMM2Hの申請は業者スタッフが実際には行ってくださいました。
毎日先着順とのことで、当日朝2時に並び整理券を取得。
私が健康診断を受けた結果とパスポート原本をお渡しし、当局で申請。
裏で私が銀行口座を開設している間で処理がなされて業者オフィスに到着。
遅れて私が業者オフィスにてMM2Hとパスポートを取得。
という強行スケジュールでした。

私は本申請のマレーシア到着=移住開始でしたが、
基本的には移住前にこの手続きを行い、日本に戻る人がほとんどなので、
1日完結で終わることが喜ばれているようです。
(実際には、当局のスピードや先着順の兼ね合いで2日に跨ることもあるようで、
 僕の今回の無駄の無い流れは稀にみるラッキーなスピードとのことでした)


MM2H取得にお世話になったのはステップ1という会社です。
マレーシア移住を検討していた際に知人に勧められてHPから問い合わせ。
信頼できる知人からの紹介+189,000円で取得までできるとのことだったのですぐに申し込み。

細かい説明などのPDFも送って貰いましたが、全て言われるがまま書類を用意してメール、
書類を用意してメール、書類を用意してマレーシアへ・・・という流れで何も考えずに取得ができていました。

私の周りでは、今回一緒に移住した友人Nと、現在仮申請中のR夫妻がステップ1にお願いしています。
20年以上マレーシアにいらっしゃる日本人の方が社長、私の担当の方は歴10年と歴3年の方(それぞれ日本人)でした。

ネット検索すると自分で申請もできるにはできるようでしたが、ミスした時に時間が無駄になるリスクを考えて
私はこの業者にお願いして、実際にまったく問題なくVISAが取得できて満足しています。


ちなみに。
「VISA」というので、僕は卒業証書や資格の認定書的なのをイメージしていましたが、
実際にはパスポートのページにシールが貼られる形でした。

便利な形式だなと思う反面、渡された際には少し寂しく感じてしまいました。


この記事へのコメント